マンガの専門学校でマンガ家の基礎を学ぼう

マンガ家は1日にしてならず

マンガを描くのには多くの時間がかかります。その上、画力の向上やストーリーの構築なども、マンガ家の仕事になります。それらは1日で身につけることの出来ない技術です。そのため、マンガ家は日々多くのものを見て、多くのものを体験する必要があります。

マンガを描くのに必要なもの

  • 多種類のペン先
  • 自分の手にあったペン軸
  • マンガ用の原稿用紙
  • ベタ用のインクか墨汁
  • ホワイト用のインク
  • 効果をつけるトーン
  • コマ割りや効果に用いる定規
  • トーンを切り分けるカッター

マンガの専門学校でマンガ家の基礎を学ぼう

コミック

道具の使い方をきちんと知ろう

最近でこそマンガ専攻の専門学校が増えてきましたが、昔は独学でマンガ家になる人が多くいました。そのため、今の先生の中には間違った道具の使い方をして、アシスタントの子に注意されたと言う話も耳にします。微笑ましい話ですが、道具の使い方1つで作業効率は大きく変わります。

デジタルマンガが選ばれる理由

今はパソコンを利用することで、デジタルでマンガを描くことができるようになりました。多くのマンガ家の先生もデジタルを取り入れるようになった理由として、一番はトーンやベタ塗りが楽になったことです。アナログだと、どうしてもベタの失敗やトーンの買い忘れなどを起こしてしまいますが、デジタルで行うことでそれらをなくすことが出来ます。

マンガを描くのは今も昔も大変

最近はデジタルで簡単にマンガを描けるために、簡単にマンガが描けると思う人も多くなってきました。ですが、デジタルもアナログも、1人の人間が描いていることに変わりはないのです。頭を悩ませながらアイディアを出し、それをマンガに起こすのは、今も昔も大変な作業です。

広告募集中